治験コーディネーターのような仕事?

治験コーディネーターによく似た仕事

医療業界で特殊な位置にある職業、それが治験コーディネーター(CRC)です。医師や看護師、あるいは薬剤師、臨床検査技師といった国家資格を持つ職業は、すでに一般に広く知られています。

いずれも職業に就くまでの過程に苦労が多いことでも知られ、働き始めてからも過酷な仕事であることから、最近では将来目指したいという人が減っているといわれます。

その点、治験コーディネーターは新しく注目されるようになった職業です。新薬開発という医療の最先端に関わることができる割に、勤務時間は限られていることが多く、医師や看護師のように身を粉にして働くというイメージでもありません。専門職という魅力からも、興味を持つ人が増えてきています。

治験コーディネーターは、新薬の開発に必要な臨床試験にまつわるコーディネートをするのが仕事です。これによく似た仕事に、臨床開発モニターがあります。臨床開発モニターは略してCRAと呼ばれ、略称もCRCとよく似ています。その仕事内容については、呼び名よりもCRCと混同しやすいのです。

臨床開発モニターの業務は、やはり治験に関係しています。製薬会社で治験の必要が生じた時、これを医療機関に依頼するのは臨床開発モニターの仕事です。試験内容の進行状況、試験データの報告なども、仕事のうちに含まれます。情報は治験コーディネーターから提供されますから、このCRCとCRAの棲み分けは少々難しいですね。

治験コーディネーターも臨床開発モニターも、製薬会社に勤務する形態があります。CRCの場合は臨床試験の被験者と接することも多いのですが、臨床開発モニターは被験者とのコミュニケーションが仕事ではなく、どちらかといえば製薬会社内で他スタッフとの交渉がメイン業務です。

外資系の製薬会社の場合、外国人スタッフとやりとりをする必要も出てきます。そんな時に堪能な語学力があれば、CRAとしての高い実力を発揮できるはずです。CRCの仕事を探す時には、CRAと区別して人材募集をチェックする必要がありそうです。よく似た職業ですから、どちらが向いているかもじっくり検討してください。

看護師スキルアップのための制度を考える

転職に有利になるものは「スキル」です。スキルアップをするためにはまず、大きな病院にお勤めしたほうが良いと言われています。そこでは最新治療を行っていますので、それについて行けるべく、研修を受けるようになっているのです。

受けられる研修としてはリーダーの育成などもあります。リーダーの要素が身につけば、転職の際、受け入れてくれる入職先は多いと言えます。

全国規模で展開している大きな病院で得られるスキルアップには、専門看護師や認定看護師といったものもあるでしょう。看護師の仕事だけではなく他の国家資格を得ることも考えたりもします。ただそこでネックになるのが学費や生活費といったものです。

一度退職してということでは学費のための奨学金制度を受けられたとしても、生活に困ってしまいます。医療機関によっては「資格取得後にもそこで働くのであれば」という条件をつけて、学費免除、生活の保障といった制度を設けているようです。それならば安心して勉強することができますよね?

現場を一旦に離れることにはなりますが、集中して資格取得のための受験資格を得ることが可能です。学校はあくまでも受験資格を得るためのものです。もしも生活費の余裕があれば、一度退職をし、職業安定所で厚生労働省の教育訓練給付制度について話を聞いてみましょう。

あなたが希望する学校が対象の講座を行っている場合、学費の軽減に繋がる可能性が高く、さらには失業手当も受給しながら(受けられる期間は年齢やこれまでの雇用保険加入期間にもよります。)通学することができます。

ただ、希望する国家資格や専門、または専任看護師となるには、どのような条件があるのかを調べてください。看護師としてどれだけの期間働いていればよいのかといったことも条件の中に含まれてきます。

制度を利用するためには、あなた自身がどの位置にいるか把握するのも必要です。受けられる受けられないはそこで決まってくることがあるのです。転職を有利にするには条件クリアになるまで、我慢が必要なこともあります。