転職先は徹底リサーチ!

看護師が転職で収入アップを狙う場合

転職活動を始める理由は人それぞれですが、収入に対する不満から転職を意識する看護師の方も少なくありません。 収入への不満が転職理由でない看護師でも転職を機に収入アップをしたいと望む事はあるでしょうし、 看護師に限らず多くの方は「収入が上がれば良いのに」と考えた事はあるはずです。

ですが、「高収入なのには、理由がある」というポイントを忘れないで下さい。 当然ですが、収入が良いのには理由があります。楽な仕事で高収入!な事はどんな職業でもあまり存在しません。多くの場合、努力や苦労の対価としてそれ相応の収入が望めるのです。

看護師が収入アップを狙うなら、まず挙げられるのは「夜勤を増やす」「残業の多い職場を選ぶ」などでしょう。比較的小規模な病院であれば、夜勤回数の制限も緩いケースが多く夜勤で収入アップが狙いやすいのではないでしょうか。また、残業の多い循環器系や脳神経外科への転職の狙い目ですね。

さらに、「管理職候補として入職する」とう手段もあります。 看護師に限らず管理職ともなれば当然収入はアップしますので、管理職の不足している病院を探しましょう。

ですが、ここでも忘れてはいけないのが「なぜ収入の良い管理職が不足しているのか」という点です。 収入が良い上に人数制限のある管理職の席が余っているという事は、何らかの理由が存在するはずです。 理由によっては踏みとどまる方がベストなケースもあるでしょう。

この理由を慎重に、納得のいくまで確認しておく必要があるといえます。 また、「そもそも転職しない」という選択肢がある事も覚えておいて下さい。 目先の収入額だけに翻弄され転職を繰り返す事で、看護師としての価値を下げる結果になりかねません。

そうなってくると、現状よりもさらに収入アップは望めなくなってくるでしょう。 現在の職場で、あなたのキャリアを伸ばす事。また、居心地のい環境を育む事の方が 結果として将来的には収入アップへ繋がってくる可能性もあるのです。