それぞれの状況に合った看護師の転職

勤務可能時間に限りのある看護師の転職

結婚や子育てなど、様々な事情を抱えた看護師の方は、 正社員ではなくパートやアルバイトという雇用形態を希望されます。 「保育園へのお迎え時間までしか働く事ができない」 「夜勤はできません」など、 勤務可能時間に限りが生じてしまい、それに応じた雇用形態を取る必要があるのです。

この条件は各々抱える事情によって異なりますね。 働ける時間に限りができてしまう以上、どうしても 「パート・アルバイトでなくてはいけない」といった印象を受けがちかもしれません。 ところが、じつは看護師自身が抱える事情や希望する条件によっては 「日勤のみの正社員」としての勤務も可能なケースもあるのです。

看護師ごとに事情が異なる様に、病院側にも様々な規定が存在します。 希望する転職先の規定とあなた自身の希望条件とを照らし合わせ、 またお互いの希望を摺り合わせる事で、お互いにベストな雇用形態を探る必要があるでしょう。 これには綿密な話し合い、条件交渉が不可欠です。

他の職業と比較しても、「看護師」の転職ではこの条件交渉が良く行われています。 あなたが譲れるラインと、そうではない条件とをしっかり伝え、 無理の無い雇用形態でスタートが切れるようしっかりと話し合って下さい。

また、特殊な雇用形態を望む場合は「どの求人を選ぶのか」も非常に重要です。 もしも何らかの事情によって勤務可能時間に限りがあるのであれば、 できるだけ融通の効く求人を選ぶ様に心がけて下さい。

大学病院をはじめとする規模の大きな病院よりも、比較的小規模な病院求人がオススメです。 狙いめは200床未満の病院で、細かな規定の縛りがなさそうな求人選びが重要でしょう。 求人選びや条件交渉に対する不満があるのであれば、 看護師に特化したタイプの転職支援サイトの利用も検討して見てはいかがでしょうか。

多くの転職支援サイトでは、専属のアドバイザーによる助言を無料で受けながらの求人選びや、 自分ではし辛い条件交渉などを行ってくれるサービスがあります。 このようなサービスを賢く利用しながら、あなたの条件にマッチした求人情報を入手しましょう。