医師の関係で悩む看護師必見!

看護師パートの悩み-医師の関係

看護師の職場での悩みは、看護師同士とは限りません。医師との関係で悩みを抱えている方も少なくないようです。看護師に女性が多いのに対して、医師には男性が多い傾向にあります。ですから、医師との悩みの発端が、男女関係ということも珍しくありません。

既婚の医師が看護師にちょっかいをだしたり、必要以上に食事や飲み会に誘われて断ることが負担に感じることもあるようです。あまりの執拗さに、はっきりと断ったがために、その後、医師との関係が悪化して居づらくなり退職するという、最悪の事態を招いたケースもあります。また、医師との関係悪化に留まらず、それが周囲の看護師に影響することもあります。

看護師は大抵が、医師の態度の変化を敏感に感じとることができます。そのため、二人に何かあったのだと噂を広められたり、いじめに遭うこともあるようです。医師との関係が上手くいかないのに加えて、看護師仲間までをも敵に回してしまったら、それは深刻な問題になることでしょう。

同僚を敵に回すと、ろくな事がありません。医師から関係を迫られ困っているのならば、まずは、周囲の看護師にそれとなく相談する方が得策です。医師以外の敵を作らないように伏線を張っておきましょう。そのくらいの強かさは、女性が多い職場では必要です。そうすれば、周囲の看護師もフォローしてくれるようになるはずです。

医師は看護師よりも上の立場であるという意識が強いため、気に入らない看護師がいたら、横暴な態度を取ったり、あからさまな攻撃をすることがあります。そのような性格の医師は、複数の看護師に攻撃している可能性も高いので、看護師同士で悩みを相談する場面もでてくるでしょう。その際には、自分も共通の悩みを抱えているとうことを素直に話して、話の輪に参加することが大切です。

医師と上手くいかずに毎日が憂鬱ならば、退職すれば悩みも解決できるかもしれませんが、安易に退職という道を選ばずに、院内で異動届をだすなど別の手段を講じてみるのも大事なことです。それが駄目なら、助産師転職という選択肢を考えてみましょう。

看護学校の入試面接では何を聞かれる?

看護学校入試の二次試験などで導入している面接試験、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。学科試験と違って相手がいますし、ましてやそれが面接官となると緊張するのも仕方ありません。面接は人物を評価するものであり、場合によっては絶好のアピールチャンスでもあります。自分を繕ったりする必要はありませんが、対策は必要です。

またそうした“面接に対しても一生懸命に対策した”姿勢が評価されることもあります。相手は人物を見るプロですから、小手先のごまかしは効きません。受験案内、受験者からの情報などを集めて、志望校に合った面接対策を行いましょう。

面接の形式は「個別面接」「集団面接」「ディスカッション形式」などが一般的です。ここでは個別面接や集団面接でよく聞かれることを整理してみましょう。

よくある質問のひとつ「志望動機」です。これは欠かせない項目でありかつ、学校側も重視する項目と言えます。看護学校を志望するということは、目的があるはずです。それを簡潔かつ熱意を持って伝えたいですね。

「長所」「自己アピール」もよく求められる項目です。逆に短所を聞かれることもありますが、短所は最終的にうまく長所につなげることがポイントになります。たとえば「私は頑固なところが短所です。しかし頑固ゆえ、自分で一度決めたことは投げ出すことなく最後までやり通します。」などといったことです。

今の学校での生活を聞かれることもあります。特にクラブ活動などをしていた人は、どんどんアピールしましょう。他にも今気になる話題やニュースなどを聞かれることもあります。この点は日ごろからニュースや新聞をチェックするなどしておきたいですね。特に医療に関する時事問題くらいは知っておきましょう。

答えづらい質問のひとつに「併願状況」と「合格した場合の入学の可能性」についてのヒアリングがあります。第一志望校であれば自信を持って答えられるので問題ありませんが、そうでないときは困りものです。

学校側も合格者数の調整などのために把握しておきたい事項ですが、受験側としては第一志望でないことを伝えたら落ちてしまうのではという心配に駆られます。とはいえ、嘘をつくことはおすすめしません。やむを得ず面接で答えたことと違う結果になることはあるでしょうが、正直かつ相手を思いやって答えるべきでしょう。

いずれにせよ、質問に答えるポイントは「簡潔」かつ「熱意を持って」です。色々伝えようとするうちにダラダラとよくわからない文章になって、結局何が言いたいのかわからないのでは意味がありません。質問の答えをまず「簡潔に」答える、そのあとにその理由や背景を説明することで、自分も頭の中が整理され、相手にも伝わりやすくなるでしょう。